マスコットキャラクター

メンダコさん

ときおり登場する『静岡 場面かんもくの会』のマスコットキャラクターです。

静岡東部(沼津・伊豆地区)の保護者たちからスタートした『静岡 場面かんもくの会』を代表する発言者として登場してもらっています。

沼津・伊豆地区は駿河湾(日本で最も深い湾)に面していて、深海生物がとても豊富に生息しています。

立ち上げメンバー達の話し合いの中でイラストにするとかわいいメンダコに決定しました。

メンダコ(学名:Opisthoteuthis depressa):軟体動物門頭足鋼八腕類メンダコ科に属するタコの一種。膜でつながった足と耳のように見えるヒレでふわふわとクラゲのように泳ぐ。水から引き上げられると、柔らかい体を支えられずにぺちゃんこになってしまう。その姿がぺったんこのお面のように見えることからメンダコと名付けられた。飼育はとても難しく、生きた姿を展示している水族館は少ない。

沼津港深海水族館 (シーラカンスミュージアム)では、不定期ですが生きたメンダコ展示を行っています。おすすめ!